古宇利ビーチ(東側)

海の上をドライブできる古宇利大橋を渡ってすぐ右のビーチです。海辺にはコンクリートでできた遊歩道が整備されているので、気軽に海沿いを散策することができます

目次

  1. おすすめポイント
    1. 古宇利大橋で海の上をドライブ
    2. 遊歩道がある
  2. チェックポイント
    1. 水の透明度とグラデーション
    2. 日陰、レンタル用品
    3. 遊泳・シュノーケリング
    4. シャワー、トイレ、足洗い場、更衣室
    5. マリンスポーツ(Kouri ocean side)
    6. マリンスポーツ(ココナッツクラブ)
    7. 売店
    8. 夏季限定レストランのメニュー
    9. 夏季限定レストランの席
    10. 通年営業のレストラン
    11. キャンプ、バーベキュー
    12. ビーチヨガ
  3. ちょっと残念なポイント
  4. 詳細

おすすめポイント

古宇利大橋で海の上をドライブ

古宇利大橋で海の上をドライブ

海の上を渡っている気分になれる古宇利大橋は、沖縄県内のドライブルートでも一番テンションが上がる場所といえるでしょう。この写真は私が撮影したものではありませんが、もし季節が夏で、天気は晴れ、時刻は正午ごろ、波が穏やかであれば、本当にこの写真のような景色を見ることができます。

遊歩道がある

遊歩道がある

海に向かって左手側には、コンクリート製の消波ブロックが遊歩道のように整備されています。波打ち際を気軽に散歩することができるので、海に入る予定はないけれど雰囲気を感じたいという方はぜひ歩いてみてください。

チェックポイント

水の透明度とグラデーション

水の透明度とグラデーション

水の透明度は西側の古宇利ビーチと同じく、標準よりやや下くらいです。この日は波の高さ2.5mでうねりありだったのでコンディションはよくなかったですが、それを差し引いても古宇利ビーチは波の影響を受けやすいため、透明度は低くなりがちです。グラデーションは、正面はすぐ沖縄本島なのでエメラルドグリーンの一色だけです。海に向かって左手側に目を移すと、遠くで濃いブルーが見えます。

日陰、レンタル用品

日陰、レンタル用品

ビーチサイドに木陰や岩陰はありません。長時間滞在するにはパラソルをレンタルするといいでしょう。写真のように、パラソルの価格は1000円、パラソルとベッド2台のセットは2500円でレンタルできます。

遊泳・シュノーケリング

遊泳・シュノーケリング

古宇利ビーチ(東側)には、遊泳エリアが設けられていないので、自由に遊泳やシュノーケルを楽しむことができます。自由な代わり、危険なことはしないように自分たちで気をつける必要があります。小さいお子様が本格的に遊泳されるのであれば、隣の西側の古宇利ビーチの方が遊泳エリアの囲いがあるのでおすすめです。

シャワー、トイレ、足洗い場、更衣室

シャワー、トイレ、足洗い場、更衣室

ビーチサイドには、ココナッツクラブの清潔なシャワールーム、更衣室、トイレがあります。利用料金は1日300円です。レストランやマリンアクティビティを利用した場合は無料です。なお、西側の古宇利ビーチには、100円のシャワーと無料のトイレがありますので、道路を渡って3分ほど歩いてもよい方はそちらを利用する方法もあります。足洗い場はどちらのビーチにもありません。

マリンスポーツ(Kouri ocean side)

マリンスポーツ(Kouri ocean side)

このビーチには、マリンスポーツ&マリンアクティビティの会社が2社入っています。1社目はこちらのKouri ocean sideです。写真が見にくくてすみません(拡大はできます)。メニューは、マーブル2000円/10分、バナナボート1500円/10分、ジェットクルージング3000円/15分などです。なんと、マーブルとバナナボートは、すぐ隣の西側の古宇利ビーチのメニューより500円安いです (^o^)b

マリンスポーツ(ココナッツクラブ)

マリンスポーツ(ココナッツクラブ)

2社目はココナッツクラブです。メニューは、マーブル、バナナボートがどちらも2000円ですが、1社目のKouri ocean sideや西側のビーチのものと比べて時間が5分長くなっています。その他にもスタンドアップペダル(ペダルサップ)というめずらしいアクティビティも体験できます。

売店

売店

海で遊ぶためのグッズを売っている店はありませんが、フードやドリンクを売っている店はいくつかあります。夏の間は写真のようなカクテルの移動販売車も登場します。

夏季限定レストランのメニュー

夏季限定レストランのメニュー

ビーチサイドのレストラン、焼肉大昇 古宇利島店のメニューです。このメニューには書いていませんが、その他にも焼きそば700円、唐揚げ700円、ポテトSサイズ300円などもありました。

夏季限定レストランの席

夏季限定レストランの席

焼肉大昇 古宇利島店の席は南国っぽくていい感じです。

通年営業のレストラン

通年営業のレストラン

上記のレストランは夏季限定ですが、ビーチのすぐそばのブルーガーデンは通年で営業しています。他にもいくつかレストランやカフェが隣接していますので、地図などでチェックしてみてください。(写真はイメージです。)

キャンプ、バーベキュー

キャンプ、バーベキュー

このビーチではキャンプはできません。バーベキューは上記の焼肉大昇 古宇利島店でできます。

ビーチヨガ

ビーチヨガ

古宇利ビーチではビーチヨガは開催していません。ビーチヨガができる最寄りのビーチは21世紀の森ビーチで、移動時間は車で35-40分です。

ちょっと残念なポイント

ビーチはかなり狭いです。ページトップの写真でご確認ください。また、遊泳エリアが設置されていないことで、逆に、遠くまで泳ぎにくく感じてしまう人もいるかもしれません。

詳細

透明度 ★ ★
グラデーションの美しさ ★ ★
開放感(視界の広さ) ★ ★
日陰でのんびり ★ ★
遊泳用設備 ★ ★
自然感 ★ ★
夏季営業時間6月〜10月は9時から18時
冬季営業時間11月〜5月も立ち入り可能だが、冬は波が高いので遊泳は危険
クラゲ避けネットなし
ライフセーバーなし(ショップのスタッフはいる)
海底の砂質砂粒は小さく、さらさら。裸足でOK。
シュノーケル自由
魚影小魚が少々いる
マリンスポーツ通年(夏季はカウンター、冬季はココナッツクラブで予約)
夏季のみの施設シャワー、更衣室、トイレ、ショップ
通年の施設レストラン、自販機
バーベキュー禁止
駐車場50台くらい(無料)
入場料無料
公式情報今帰仁村経済課商工観光係(0980-56-2256)

最終情報確認日:2018/08/20