古宇利ビーチ(西側)

海の上をドライブできる古宇利大橋を渡ってすぐ左のビーチです。夏季にはクラゲよけネットも設置され、遊泳ゾーンも広いので、本格的な海水浴を楽しむことができます。

目次

  1. おすすめポイント
    1. 古宇利大橋で海の上をドライブ
    2. 以外と本格的な遊泳エリアと設備
    3. 遊泳エリアでシュノーケルもできる
  2. チェックポイント
    1. 水の透明度とグラデーション
    2. 日陰
    3. 遊泳・シュノーケリング
    4. シャワー、トイレ、足洗い場、更衣室
    5. シャワーの注意点
    6. レンタル用品、マリンスポーツ
    7. グラスボート
    8. 遊覧船
    9. レストラン、売店
    10. ブルーシール
    11. キャンプ、バーベキュー
    12. ビーチヨガ
  3. ちょっと残念なポイント
  4. 詳細

おすすめポイント

古宇利大橋で海の上をドライブ

古宇利大橋で海の上をドライブ

海の上を渡っている気分になれる古宇利大橋は、沖縄県内のドライブルートでも一番テンションが上がる場所といえるでしょう。この写真は私が撮影したものではありませんが、もし季節が夏で、天気は晴れ、時刻は正午ごろ、波が穏やかであれば、本当にこの写真のような景色を見ることができます。

以外と本格的な遊泳エリアと設備

以外と本格的な遊泳エリアと設備

古宇利大橋のインパクトが大きいので、古宇利島での海水浴というのはおまけみたいに思われるかもしれません。しかし、この写真とページ最初の写真をご覧ください。遊泳エリアは、奥で泳いでいる人が小さく見えるほど十分な広さがあります。また、下で紹介しますが、シャワーなどの遊泳設備もしっかり整っています。

遊泳エリアでシュノーケルもできる

遊泳エリアでシュノーケルもできる

遊泳エリア内でのシュノーケルが禁止されているビーチは多いのですが、古宇利ビーチではシュノーケルを自由に楽しむことができます。

チェックポイント

水の透明度とグラデーション

水の透明度とグラデーション

水の透明度は他のビーチと比べて標準よりやや下くらいです。この日は波の高さ2.5mでうねりありだったのでコンディションはよくなかったですが、それを差し引いても古宇利ビーチは波の影響を受けやすいため、透明度は低くなりがちです。グラデーションは、ビーチの奥側(写真右側)ではだんだん青が濃くなっていき、きれいに見えます。

日陰

日陰

ビーチに木陰や岩陰はありませんが、古宇利大橋の下が日陰になっています。そんなに広くはないのですが、暑い時期には重宝します。また、有料でパラソルのレンタルもあります。詳細は下記のレンタル用品の項目をご覧ください。

遊泳・シュノーケリング

遊泳・シュノーケリング

おすすめポイントでも紹介した通り、古宇利ビーチでは遊泳エリア内でシュノーケルを楽しむことができます。ライフジャケットの着用は必須ではありませんが、個人的には安全のため着用をおすすめします。写真のように、ビーチから徒歩2分の売店(愛すらんど古宇利島 食と館)では、シュノーケル500円、ライフジャケット500円でレンタルもできます。

シャワー、トイレ、足洗い場、更衣室

シャワー、トイレ、足洗い場、更衣室

ビーチから徒歩1-2分の場所にトイレ、シャワー、更衣室があります。シャワーは写真の「シャワー」と書かれた壁の裏側になります。更衣室は写真の右奥の男性が立っているところにあります。足洗い場は見つかりませんでした。

シャワーの注意点

シャワーの注意点

シャワーは100円で大変安いのですが、写真のように屋外にあります。そして、更衣室から10mくらい離れているため、更衣室に行列ができているときなどは不便かもしれません。どうしても気になる方は、道路向かいに何店舗かシャワーが使えるお店があるので、それを利用するのも手です。

レンタル用品、マリンスポーツ

レンタル用品、マリンスポーツ

写真右がレンタル用品のメニューです。パラソルセットが3000円、浮き輪が300-500円となっています。写真左がマリンメニューの料金です。バナナボート10分2000円、マーブル1人2500円などです。いずれも他のビーチと同じくらいの価格帯です。

グラスボート

グラスボート

古宇利島グラスボートマリンが運営しているグラスボートです。30-40分で大人3000円、子ども1500円となっています。珊瑚や熱帯魚を見ながら島を周遊できるので、古宇利島をまるごと満喫できると思います。

遊覧船

遊覧船

ビーチから徒歩2分の「愛すらんど古宇利島 食と館」の館内にあった看板です。遊覧船が45分で2500円となっています。晴れている日は、夕陽を期待して乗ってみるのもいいかもしれません。

レストラン、売店

レストラン、売店

ビーチに隣接する愛すらんど古宇利島 食と館にはレストランとショップがあります。レストランは、ゴーヤ定食630円、イカ墨定食1050円など、観光地というよりは街の定食屋のような価格帯です。その他のメニューは写真を拡大してご覧ください。ショップはパイナップルなどのお土産が中心です。

ブルーシール

ブルーシール

ブルーシールのパーラーもあります。パラソル付きのテーブルでいただくことができます。

キャンプ、バーベキュー

キャンプ、バーベキュー

古宇利ビーチではキャンプはできません。バーベキューは、こちらの西側のビーチではできませんが、東側のビーチなら水着のままバーベキューができます。

ビーチヨガ

ビーチヨガ

古宇利ビーチではビーチヨガは開催していません。ビーチヨガができる最寄りのビーチは21世紀の森ビーチで、移動時間は車で35-40分です。

ちょっと残念なポイント

古宇利大橋の歩道や道の駅(愛すらんど古宇利島)が隣接しているため、海に入らないお客さんもビーチまで散歩に来ます。このページの最初の写真にも見られるように、ビーチの手前側は散歩のお客さんで混雑するため、静かにくつろぐことができません。パラソルをレンタルするときはビーチの奥側に陣取ることをおすすめします。

詳細

透明度 ★ ★
グラデーションの美しさ ★ ★
開放感(視界の広さ) ★ ★
日陰でのんびり ★ ★
遊泳用設備 ★ ★ ★ ★
自然感 ★ ★ ★
夏季営業時間6月〜10月は9時から18時
冬季営業時間11月〜5月も立ち入り可能だが、冬は波が高いので遊泳は危険
クラゲ避けネット6月〜10月
ライフセーバー6月〜10月
海底の砂質砂粒は小さく、さらさら。裸足でOK。
シュノーケル自由
魚影小魚が少々いる
マリンスポーツ通年(夏季はカウンター、冬季はココナッツクラブで予約)
夏季のみの施設シャワー、更衣室
通年の施設トイレ、レストラン、ショップ、自販機
バーベキュー禁止
駐車場100台以上(無料)
入場料無料
公式情報今帰仁村経済課商工観光係(0980-56-2256)

最終情報確認日:2018/08/20