赤墓ビーチ

海の透明度と色彩の豊かさがずば抜けていて、さらに誰でもきれいな写真が撮れる撮影スポットがあるビーチです。

目次

  1. おすすめポイント
    1. 誰でもきれいな写真が撮れる撮影スポット
    2. 海の色が最高
    3. 【比較】曇りのときの海の色
    4. 沖縄ならではの岩のある風景
  2. チェックポイント
    1. 水の透明度とグラデーション
    2. 日陰
    3. 遊泳・シュノーケリング
    4. もう一つのビーチ
    5. トイレ、シャワー、足洗い場、更衣室
    6. レンタル用品、売店
    7. マリンスポーツ
    8. バーベキュー、キャンプ
    9. レストラン
    10. ビーチヨガ
  3. ちょっと残念なポイント
  4. 詳細

おすすめポイント

誰でもきれいな写真が撮れる撮影スポット

誰でもきれいな写真が撮れる撮影スポット

ページ最初の写真の手前の岩と駐車スペースはつながっていて、安全に岩の上に立つことができます。その岩は海にせせり出るように立っているため、季節が夏で天気がよければ、誰もが迫力のある写真を撮ることができます。

海の色が最高

海の色が最高

赤墓ビーチで上記の岩の上から見る海の色は最高です。季節が夏で時刻が正午ごろ、天気が晴れであれば、いつもこんな感じになります。

【比較】曇りのときの海の色

【比較】曇りのときの海の色

参考までに、同じ日のほぼ同じ時刻に撮った写真です。雲がかかってしまうと、海の色は一気にトーンダウンしてしまいます。

沖縄ならではの岩のある風景

沖縄ならではの岩のある風景

赤墓ビーチは、沖縄ならではの巨大な石灰岩に囲まれていて、独特な景観を作り出しています。この石灰岩は、サンゴなどの石灰質の骨格や殻を持つ生物の死骸が、長い年月をかけて蓄積されてできたとされています。

チェックポイント

水の透明度とグラデーション

水の透明度とグラデーション

水の透明度は他のビーチよりも高いです。赤墓ビーチやお隣の長浜ビーチは、リーフエッジが外洋からの波をガードするような地形になっていることと、砂粒が大きいことから、砂が水中に舞いにくくなっています。グラデーションの美しさも他のビーチよりも高いです。夏の晴れた日であれば、波打ち際のクリアブルー、リーフエッジまでのエメラルドグリーン、リーフ外のディープブルーの3色が絶妙に混じり合い、味わい深い色彩を満喫することができます。

日陰

日陰

赤墓ビーチには木陰はありません。ビーチを囲む岩の影が唯一の日陰になりますが、数人が入れる程度の面積しかありません。写真は海に向かって右側の岩の様子です。なお、パラソルなどのレンタルもないため、ビーチに長時間滞在する際は、日よけのテントなどを持参する必要があります。

遊泳・シュノーケリング

遊泳・シュノーケリング

赤墓ビーチはリーフエッジまでの距離が500メートル程度あり、その間の最深部は大人の胸くらいあります。お隣の長浜ビーチよりは全体的に少し深く、子どもよりも大人が楽しめるイメージです。夏季でも遊泳エリアが設置されることはなく、監視員もいないため、シュノーケルも自由に楽しむことができます。ただ、波打ち際の近くで見える魚は、数センチ〜十数センチの小魚が中心です。大きな魚が集まるサンゴ群はリーフエッジの近くまで泳がないと見ることはできません。

もう一つのビーチ

もう一つのビーチ

赤墓ビーチは、駐車場となっている岩を挟んで右側(東側)のビーチがメインですが、左側(西側)にもビーチがあります。ただ、この日は太陽の角度の関係からか、こちらのビーチの海の色はいまいち冴えませんでした。

トイレ、シャワー、足洗い場、更衣室

トイレ、シャワー、足洗い場、更衣室

いままでずっとトイレがないことが赤墓ビーチの弱点でしたが、2018年の秋に有料(100円)の仮設トイレがOPENしました。シャワーや足洗い場はありませんが、100円でシャワー用のペットボトルの水(2L)を買うことができます。更衣室もありませんが、トイレのすだれの影で着替えることができそうです。利用時間は朝10時から日没までです。管理者に話を聞くと1年中OPENする予定とのことでしたが、後日天気が悪いときに行ったときは閉まっていました。季節や天候によっては閉まるのだと思います。

レンタル用品、売店

レンタル用品、売店

上記のトイレの管理者が、浮き輪をレンタルしていたり、ジュースを販売していたりします。ただ、不定休のようなので、絶対に必要な方は持参した方がよさそうです。

マリンスポーツ

マリンスポーツ

水深が浅すぎるからか、観光客が少ないからかははっきりしませんが、赤墓ビーチでジェットスキーは見たことがありません。オーシャンブリッジ沖縄では、赤墓ビーチでシーカヤックやカヌーなどが楽しめるようです。(※この写真はイメージです。)

バーベキュー、キャンプ

バーベキュー、キャンプ

この日はいませんでしたが、以前こちらのビーチ中央の岩陰でバーベキューをしている人を見たことがあります。機材や食材はすべて持ち込みです。キャンプもできると思いますが、設備がトイレしかないことと、テントを波打ち際に設置すると危ないことから、初心者にはおすすめしません。

レストラン

レストラン

ビーチサイドにレストランはありません。天気がよい日は、車で6分のほくざんショップで沖縄っぽいお弁当を買ってビーチで食べると気持ちがいいです。食堂なら車で8分の田空の駅 ハーソー公園で庶民的な雰囲気を味わうか、車で6分のライオン食堂でおしゃれに定食をいただくか、もしくは、沖縄そばなら車で15分のかじまやーまで足を伸ばすかといったところです。

ビーチヨガ

ビーチヨガ

赤墓ビーチではビーチヨガは開催していません。ビーチヨガができる最寄りのビーチは21世紀の森ビーチで、移動時間は車で40分です。

ちょっと残念なポイント

トイレが閉まっているときがあることと、遊泳設備がないこと以外、欠点はありません。ただ、個人的には赤墓ビーチが観光地っぽく開発されてしまうと残念ですので、トイレさえ使えれば、いまのままでいいような気がします。

詳細

透明度 ★ ★ ★ ★
グラデーションの美しさ ★ ★ ★ ★ ★
開放感(視界の広さ) ★ ★ ★ ★ ★
日陰でのんびり
遊泳用設備
自然感 ★ ★ ★ ★ ★
夏季営業時間24時間
冬季営業時間24時間
遊泳エリアの設置なし
ライフセーバーなし
海底の砂質硬いサンゴが多めなのでマリンシューズ推奨
シュノーケル自由
魚影小魚が少々いる
マリンスポーツ通年(オーシャンブリッジ沖縄で予約が必要)
夏季のみの施設トイレ、レンタル用品、ジュース
通年の施設なし
バーベキュー持ち込みのみ
駐車場10台程度(無料)
入場料無料
公式情報今帰仁村経済課商工観光係(0980-56-2256)

最終情報確認日:2018/09/16