渡具知ビーチ

水底は岩がメインなので、磯遊びが楽しめます。いわゆる南国のビーチの(白砂とエメラルドグリーンの浅い海がずっと続く)ような感じではありませんが、水の透明度や開放感はとても高く、公園も整備されているため、ゆっくりと過ごしたくなります。観光客よりも地元の人に親しまれているビーチです。

目次

  1. おすすめポイント
    1. 自由な遊泳区域
    2. 東屋でのんびりできる
    3. 小魚を捕まえられる
    4. 遊具もある
  2. チェックポイント
    1. 水の透明度とグラデーション
    2. 日陰
    3. トイレ、シャワー、足洗い場
    4. 食堂・カフェ(パーラー)
    5. 食堂・カフェ(パーラーの席)
    6. 食堂・カフェ(レストラン)
    7. 食堂・カフェ(レストランの席)
    8. バーベキュー
    9. レンタル用品
    10. マリンアクティビティ
    11. シュノーケリング
    12. ビーチヨガ
  3. ちょっと残念なポイント
  4. 詳細

おすすめポイント

自由な遊泳区域

自由な遊泳区域

渡具知ビーチは条例に基づく「海水浴場」ではありません。監視員さんがいない、クラゲよけネットがないなどのマイナス面もありますが、遊泳区域に制限がないため、自己責任で広い海辺を自由に動き回ることができます。写真はビーチ左側の風景で、ページ最初の写真はビーチ右側です。

東屋でのんびりできる

東屋でのんびりできる

ビーチの前は芝生になっていて、東屋が6棟(テーブルは12個)あります。また、ビーチの左端は小高い丘になっていて、その丘の上にも東屋が2棟あります。写真は丘の東屋からの風景です。海に入らないのなら、この場所がおすすめです。

小魚を捕まえられる

小魚を捕まえられる

写真のように、干潮時には潮だまりができます。そこに取り残された小魚を捕まえる遊びができるのは、このビーチならではです。もし、干潮の時間に行く場合は、網と水槽を持っていくと楽しめます。

遊具もある

遊具もある

駐車場の隣には子どもを遊ばせられる公園もあります。

チェックポイント

水の透明度とグラデーション

水の透明度とグラデーション

水底は砂ではなく岩が中心です。岩は水中で舞いにくいため、水の透明度は県内トップレベルです。ただ、底が岩ですので、テレビに出てくるようなキラキラした南国っぽいビーチとは趣が異なります。グラデーションの美しさは、沖縄のビーチのなかでは標準よりやや上です。晴れていて満潮であれば、波打ち際のクリアブルー、海辺のエメラルドグリーン、沖のディープブルーが層をなします。

日陰

日陰

おすすめポイントでも紹介した通り、たくさんある東屋が村民の憩いの場になっています。ビーチサイドは芝生になっているので、いくつかある木陰も気持ちがいいです。

トイレ、シャワー、足洗い場

トイレ、シャワー、足洗い場

トイレ、シャワー、足洗い場は1年中使えます。シャワーは1回200円で10時〜19時まで使用可能、同じ建物のパーラーの窓口でお金を支払います。

食堂・カフェ(パーラー)

食堂・カフェ(パーラー)

2016年のゴールデンウィークに「とぐち商店」という名前でパーラーがOPENしました。シャワーの利用時間と同じく、10時〜19時まで営業しています。2016年の年内は定休日を除き、ずっと営業する予定とのことでした。10月〜3月の定休日は水曜日です。それ以外の月は定休日はありません。メニューは紅豚キーマカレー700円、紅豚丼700円が名物です。飲み物はカクテルが8種類もあり充実しています。

食堂・カフェ(パーラーの席)

食堂・カフェ(パーラーの席)

パーラー「とぐち商店」のテーブル席です。

食堂・カフェ(レストラン)

食堂・カフェ(レストラン)

ビーチサイドにレストランがんじゅうファームがあります。紅豚が自慢のお店で、メニューには紅豚しょうが焼き1166円、紅豚ロースカツ1382円などがあります。全メニューに豚汁、ライス、サラダバー、ドリンクバー、アイスクリームが自由におかわりできるプチビュッフェが付いていますので、お得感があります。プチビュッフェのみでも842円(小学生626円)で注文できます。営業時間は11時〜21時、定休日は10月〜3月は水曜日です。それ以外の月は定休日なしです。

食堂・カフェ(レストランの席)

食堂・カフェ(レストランの席)

がんじゅうファームのテーブル席です。

バーベキュー

バーベキュー

ビーチサイドの東屋でバーベキューができます。食材、機材、東屋のフルセットでひとり2700円、がんじゅうファームで予約します。ハイシーズンは10名から、冬季は5名からです。食材や機材の持ち込みはできませんので、ご注意ください。詳しくは公式サイトでご確認ください。

レンタル用品

レンタル用品

マリングッズやビーチパラソルなどのレンタルはありません。水底は岩なのでマリンシューズは必ず持参するようにしましょう。

マリンアクティビティ

マリンアクティビティ

このビーチではマリンアクティビティは開催されていません。その分、静かな海を楽しむことができます。

シュノーケリング

シュノーケリング

シュノーケリングは自己責任で自由に楽しめます。干潮時は写真のようにとても浅くなり、リーフエッジ内では泳げません。リーフエッジの外は波や潮流で危険です。初心者は満潮時にリーフエッジ内で泳ぐのがよいでしょう。

ビーチヨガ

ビーチヨガ

渡具知ビーチでは1年中ビーチでヨガを楽しむことができます。潮風の香り、波音のBGM、太陽の暖かさ、海のグラデーション、空の移り変わり。ヨガと通して沖縄の自然を全身で感じられるアクティビティです。ビーチヨガのご予約はこちらから。

ちょっと残念なポイント

干潮時は上の写真のようにかなり浅くなります。遊泳をするには満潮時(このページの最初の写真の状態)がよいでしょう。

詳細

透明度 ★ ★ ★ ★ ★
グラデーションの美しさ ★ ★ ★
開放感(視界の広さ) ★ ★ ★ ★
日陰でのんびり ★ ★ ★ ★ ★
遊泳用設備 ★ ★ ★ ★ ★
自然感 ★ ★ ★ ★ ★
夏季営業時間4月〜9月はシャワーは毎日19時まで、ビーチは24H使用可
冬季営業時間10〜3月はシャワーは水曜定休日以外は19時まで、ビーチは24H使用可
クラゲ避けネットなし
ライフセーバーなし
海底の砂質ほぼ岩なのでマリンシューズ必須
シュノーケル自由
魚影小魚は多い
マリンスポーツなし
夏季のみの施設施設はすべて通年営業
通年の施設トイレ、足洗い場、シャワー、パーラー、レストラン、自販機
バーベキュー東屋で可能(1人2700円、持ち込み不可)
駐車場100台以上(無料)
入場料無料
公式情報読谷村観光協会

最終情報確認日:2016/09/27