アンチ浜(瀬底島)

ビーチは狭いですが、透明度、グラデーションの美しさはすばらしいです。シュノーケリングがOKで、魚がたくさん見られるのが最大の魅力です。

目次

  1. おすすめポイント
    1. きれいなグラデーション
    2. お魚がたくさん
    3. フリーダムな遊泳区域
  2. チェックポイント
    1. 水の透明度とグラデーション
    2. 日陰(大きな木の下)
    3. 日陰(橋の下)
    4. トイレ、シャワー、足洗い場
    5. 食堂・カフェ
    6. 海の家
    7. バーベキュー
    8. レンタル用品(白浜食堂)
    9. レンタル用品(海の家)
    10. マリンアクティビティ
    11. シュノーケリング
    12. ビーチヨガ
  3. ちょっと残念なポイント
  4. 詳細

おすすめポイント

きれいなグラデーション

きれいなグラデーション

海に向かって左手奥の海は遠浅で、珊瑚が生息しています。そのため、晴天時にはきれいなエメラルドグリーンが楽しめます。波打ち際のライトブルー、沖の藍色とあいまったグラデーションは、自然が残された本島北部の海らしい美しさです。

お魚がたくさん

お魚がたくさん

腰の深さほどの浅い海ですが、珊瑚が生息しているおかげで、魚がたくさんいます。運がよければ40cm級の魚にも巡り会えます。ぜひ、シュノーケルや水中メガネで覗いてみてください。

フリーダムな遊泳区域

フリーダムな遊泳区域

アンチ浜には年間を通してクラゲ防止ネットが貼られず、監視員もいません。自己責任で遊泳区域を気にせず泳ぐことができます。ただし、橋の下は海峡のようになっていて、流れが早く急に深くなるため、遊泳は禁止です。

チェックポイント

水の透明度とグラデーション

水の透明度とグラデーション

水中には珊瑚のかけらがゴロゴロ転がっていて、砂も粒が大きいです。素足では痛いほどですが、そのおかげで海水と砂が混ざりにくく、水の透明度は高いです。また、上に書いた通り、晴れた日は海のグラデーションもきれいです。

日陰(大きな木の下)

日陰(大きな木の下)

ビーチサイドでの日陰は、海に向かってビーチ左端の大きな木と、右端の橋の下だけです。夏季だけ、レンタルパラソルや海の家も日陰になります。

日陰(橋の下)

日陰(橋の下)

ビーチ右端にある、瀬底島と本島をつなぐ橋の下も日陰になります。ただ、橋の下は危険のため遊泳禁止です。そのため、ここに陣取ると遊泳ゾーンから数十メートル離れることになります。

トイレ、シャワー、足洗い場

トイレ、シャワー、足洗い場

最寄りのトイレは、本島側から瀬底大橋を渡りきった直後の公共の駐車場にあります。ビーチから徒歩3分ほどで少し離れています。夏季には、ビーチサイドに仮設のトイレ(無料)が設置されるので便利になります。シャワーは夏季のみで、大人250円、子ども150円です。足洗い場はありませんので、シャワーを利用しない場合は、水を入れた2Lのペットボトルを人数分車に積んでおくといいでしょう。

食堂・カフェ

食堂・カフェ

ビーチに一番近い食堂・カフェは、ビーチの隣にある白浜食堂です。2016年9月に行ったときは、メニューはぜんざいのみで、食事の提供は休止しているとのことでした。夏季には海の家もOPENしています。瀬底島にはおしゃれなカフェもいくつかあるので、車で移動できるのであれば、お好みのカフェに行ってみてもいいかもしれません。

海の家

海の家

海の家は夏季のみの営業です。メニューは、タコライス、カレーライス、そばなど、簡単なものが中心です。

バーベキュー

バーベキュー

夏季のみ、屋根付きのバーベキュー施設がOPENします。予約制です。ご予約は 沖縄マリンスタジオまで。なお、冬季にはバーベキュー施設は撤去されます。自分でタープや機材などを持ち込めばバーベキューはできなくもないですが、スペースが狭く、洗い場もないため、あまりおすすめしません。

レンタル用品(白浜食堂)

レンタル用品(白浜食堂)

夏季のみ、白浜食堂、または海の家でいろいろ借りられます。写真は白浜食堂のレンタルコーナーです。

レンタル用品(海の家)

レンタル用品(海の家)

海の家のレンタルメニューです。パラソル&チェアーが2500円です。

マリンアクティビティ

マリンアクティビティ

マリンメニューは、バナナボート1800円、マリンジェット3000円などです。相場よりやや安い感じです。夏季は海の家で申し込みます。冬季は 沖縄マリンスタジオで予約します。

シュノーケリング

シュノーケリング

アンチ浜ではシュノーケリングを自由に楽しむことができます。ビーチはシュノーケリング禁止なところが多く、仮にOKでも砂地は魚が少ないのですが、ここではしっかりシュノーケリングが楽しめます。(この写真はイメージ画像です。)

ビーチヨガ

ビーチヨガ

アンチ浜では4月〜11月までビーチでヨガを楽しむことができます。西海岸ですが、夏場は橋の向こう側から朝日が昇ってくるのでご来光を拝みながらの朝ヨガが体験できます。ビーチヨガのご予約はこちらから。

ちょっと残念なポイント

ビーチは狭く、100メートルもない感じです。「きれいなグラデーション」と「日陰(橋の下)」の写真でほぼ全景です。

ビーチ正面の対岸は沖縄本島なので、水平線は見えません。左手側は伊江島が見えて眺めがいいです。

詳細

透明度 ★ ★ ★ ★
グラデーションの美しさ ★ ★ ★ ★
開放感(視界の広さ) ★ ★
日陰でのんびり ★ ★
遊泳用設備 ★ ★
自然感 ★ ★ ★ ★ ★
夏季営業時間5月〜11月は海の家は朝〜日没まで、ビーチは24H使用可
冬季営業時間12〜4月は海の家は閉店、ビーチは24H使用可能
クラゲ避けネットなし
ライフセーバーなし
海底の砂質硬いサンゴが多いためマリンシューズ必須
シュノーケル自由
魚影多い
マリンスポーツ通年(夏季はカウンター、冬季は電話で予約)
夏季のみの施設シャワー、海の家、食堂(5月~11月)
通年の施設トイレ、自販機
バーベキュー夏季は機材レンタル、冬季は持込みで可能
駐車場30台(無料)
入場料無料
公式情報海の家の管理者 沖縄マリンスタジオ

最終情報確認日:2016/11/08